流行りの水の宅配の仕組み

今流行りの新鮮な水の宅配、仕組みを教えて

今、巷では宅配の水がとても流行っていますよね。新鮮な水が直接、ウォーターサーバーから出して飲める幸せは贅沢ですよね。契約してみたいけれども、宅配の水の仕組み、特に、契約するのにどんな仕組みがなされているのか一番気になることではないでしょうか。

契約するにあたって色々と条件があります。これはどのメーカーもある程度、決まりがありまして、その仕組みをお客さんのわがままで変更することは出来ません。まず、美味しい水を購入したら必ず、それを冷やすサーバーをレンタルすることが条件となります。ボトルに入っているお水だけ欲しいとかウォーターサーバーだけが欲しいといってもそのサービスはまずやっていないのが現状です。

中にはボトルの水をペットボトルに総て移し替えて冷蔵庫で冷やしたいとか、自分がお気に入りの天然水があってそれを、ウォーターサーバー内に入れて使いたいと言う人が結構いるようなのですが、それはまず不可能ということを覚えておかなくてはなりません。恐らく、これらの水の契約に関して一番むずかしいのはこの部分なのではないでしょうか。天然水に関してはそれぞれこの水しかダメなんだっていう嗜好を持っている人が結構いるはずです。昔からこの水をずっと愛用しているので、これを専用に冷やすサーバーだけをレンタルしたいとお願いしても、それは難しく、やはりそのメーカーが提供している水と一緒に購入しなければなりません。そうなってくると今まで愛用していた水は愛用できなくなり、そこでウォーターサーバーの契約が出来なくなる人も結構いると聞きました。

軟水ではなく硬水でないとダメだという人もいるでしょうし、おのおのの目的に応じて水の用途も変わってきます。従って、サーバーと水、セットでの契約をオッケーとする人しか水の宅配は利用できないケースが多いでしょう。その他、色々な内容があるでしょう。後々トラブルにならないように契約の仕組みをしっかりと把握した上で購入するようにしましょう。